タイ公演
パンフレット
Kabuki Dance Company


A NEW PAGE OF THE RELATIONSHIP BETWEEN
THAILAND AND JAPAN

Congratulations to the Rattanakosin Bicentennial Celebration. I am very honored to be invited by the people of Thailand and to have this opportunity to perform KABUKI Dance.

Your country has the Thai Dance, a traditional art that you have developed through your long history, and of which you can be highly proud. Our KABUKI Dance had its roots in ancient music and court dance which came from China and India, through Thailand and other Asian countries to Japan where it took shape as an art of the Japanese people. It blossomed, bore fruit and was at the height of popularity about 200 years ago in the mid-EDO Era. It has been handed down since, through each individual Japanese.

It is said that there are no boundaries for art. The KABUKI Dance Company hopes to promote understanding and harmony in the world through "song and dance" which is a common language of the people, over and above the differences of spoken language or of race, and to this end, we have been continuing our activities. We are thus very happy with this opportunity to be able now to open a new page of the relationship with your country. We sincerely hope to see this relationship grow in and for the future. We will have two performances and truly look forward to seeing you there.

JAPAN TRADITIONAL ARTS ASSOCIATION
PRESIDENT: IWAO UENO

芸術には境界線がないと言われています。 わたしたち歌舞伎舞踊の一行は人々の共通の言語である「歌とダンス」を通して、言葉や人種の相違を越えて、世界中で理解と調和の促進することを望み、これまで活動を続けてきました。 我々は今あなたの国との関係の新しいページを開くことが可能であるこの機会に非常に満足しています。 わたしたちは心からこの関係が未来に向かって広がっていくことを望みます。 わたしたちはこの2つの公演を通して、本当にそこであなたに会うことを楽しみにしています。

奮・闘・記

タイの画像

 公演二日目。この日はシリントン王女様をはじめ、大使、政財界のかたがたを中心にしたお客様が多く、ホール満員の人でうずまりました。
 王女様のこ来場はものものしく、交通止めされたなかをお付きのかたがたを従えてお見え下さったのです。そして前日と同じように始まって終る予定だったのです。まさしく「だった」のです。
 しかし世の中はそう甘くはないのでした。第一番目の「操り三番叟」のカタシャギリを入れる瞬間、責任者の上野氏がかけこんでみえて、「王女様の都合で十五分遅れで始まったので、何とか時間をつめてほしい。帰られる時間が決まっているので、何かカットして下さい、「連獅子」は後だけで……」と。
 言われた我々はキョトン(!)。どちらにしても琢兵衛先生が舞台から戻ってこられなければなんともはや……。そして「操り三番叟」が終り楽屋に戻られたところでその話。一瞬ギョ(!)、しかし、そこが琢兵衛先生の腕の見せ所。衣裳もぬがないままに時計の針とにらめっこ、計算が始まったのです。どう考えてもこのままでは間に合わない…舞台では「藤娘」が始まっている…時間は刻々と過ぎてゆく…サァドウスル、ドウスル(!)

「藤娘」○○の所をぬかす、すぐ地方さんにメモを渡し知らせる、彼女達にも。「越後獅子」○○の所をぬかす……。皆時間とにらめっこ、幕間もなるべく早く、早く……。もう楽屋裏は大騒ぎ、「供奴」の仁章先生「のりにのって踊ってきますよ」と。
「連獅子」は前がなけれぱ物語が続かないと秒針とにらめっこのモウスピードの早替りでチョン。なんとなんと終了時間は予定時間の三分前に見事終了。まったくもってお見事(!)としかいいようのない一幕だったのです。
 琢兵衛先生の今までの舞踊生活の賜物と改めて尊敬、(ホントなのです、秒読みには強いのです)そして、全員衣裳のまま今まで何もなかったように「スマーシタ」顔でシリントン王女様を舞台よリお見送り。王女様はにこやかにご退場。全員でダーツとずっこけたい雰囲気、親ガメこけたら皆こけた……とそういう感じで。一年分踊ったような疲れがどっと出たのでした。


花柳 和


1)AYATSURlSANBASO

SENZAl.................CHIKARA HANAYAGl
OKlNA...................TAKUBEI HANAYAGl
SANBA..................SHASEN TACHlBANA
KOKEN..................JlNSHO FUJlMA

2)FUJlMUSUME

TAKUYOH HANAYAGl
TAKUCHI SAHANAYAGI

3)ECHlGOJlSH1

TAKUJU HANAYAGI
TAKUKO HANAYAGl

4)SAGlMUSUME

HAN WAKAYAGl

5)TOMOYAKKO

YAKKO............JINSHO FUJlMA
KAMURO.........TAKUMARl HANAYAGl

6)KUROKAMl

TAMAMlKA BANDO

7)RENJlSHl

TAKUBE HANAYAGI
KAZU HANAYAGl
現地の新聞記事(翻訳)
感謝状
Takubei Hanayagi の今回の訪問が、日本とタイ両国のよりよい相互理解に貢献したことを感謝する。

KORYU KABUKI DANCE COMPANY
STAFF


Producer Iwao Ueno
Business Manager Katsumi Igarashi
Continuity Sakiko Iwase
 
Stage Set Niki Odogu Co.
Stage Prop Tsutayone Co.
Costume Sogo Isho Co.
Wig. Combing Shinmaru Co.
Make Up Setsuko Suzuki
Dresser Akira Toeda
Stage Light Domyo Takagi

Invisible Propmen Sengoro Onoe
Stage Director Eiichi Murayama

Nagauta Music Shojiro Kineya Group
Narimono
(Sound Inplements)
Mitsuharu Senba Group
HPへ / 一つ前のページへ